肌荒れに関する情報サイト

肌荒れとは

女性にとって肌荒れとは誰もが戦う敵と思ってもいいでしょう。 肌荒れは若い人から歳を重ねた女性にも感じられる不快な現象ですね。赤ちゃんの肌をみるとつるんとして陶器のような透明感に肌さわり、肌荒れという言葉が存在していませんよね。人は誰もが産まれたときはそのような肌のはずなのに、生きていく上でどんどん肌荒れが現れてきます。 そんな肌荒れ、年齢によっても、生活環境によっても人それぞれの肌荒れがあります。だからみんな同じような肌荒れで悩んでいるわけではありません。

若い子は当然ながらにきびや吹き出物で肌荒れを感じるでしょうし、30代あたりからは乾燥したり肌がごわつくような感じがあり、それからしわやたるみの原因を作ってしまったします。単純に肌荒れの原因として色々な要因があるのは間違いありません。 その要因をできるだけ遠ざける努力をすることで、肌荒れに悩むことも減るかもしれません。とはいえ、肌荒れがぜったいにないということは生きている以上ありえない話です。

ですから、肌荒れに悩んでいる人も、今はまだ肌荒れを感じて無縁だわと思える人も、ご自身の肌質などを知っておいたり、肌荒れの原因となるものを少し知っておくと、うまく対応できて、最小限に抑えることができると思います。また最近では女性だけではなく、男性も肌荒れを意識してこまめに手入れをしている人もいるというくらい、肌や美意識に対して気を配る人たちが増えてきているのが現実のようです。男性でも手入れをしている時代、女性としても負けられませんね

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

肌の性質(脂性肌・乾燥肌など)

脂性(オイリー肌)と乾燥肌の関係について、考察したいと思います。実のところは非常に脂性(オイリー肌)と乾燥肌には、深い関係があるのです。脂性(オイリー肌)と乾燥肌との関係について、解説します。脂性(オイリー肌)と乾燥肌は相反するものではなく、その原因は「細胞間脂質の減少」という同じ根っこを持っています。細胞間脂質は角質細胞と角質細胞との間にある脂質で、水分を保つ働きがあります。セラミドやコレステロールエステルなどが代表的な細胞間脂質です。脂質ですので、水には溶けない性質があります。肌表面の潤いだけでなく、跳ね返るような張りのある肌は細胞と細胞の間の細胞間脂質に水分が挟まれて、角質層全体にたっぷりと水分を蓄えている状態です。そして、層状に隙間なく細胞が並び、外的刺激からも強い状態にあります。しかし、細胞間脂質が減少すると、肌の保水力も低下し、角質層は乾燥した状態になります。角質細胞と細胞の間に隙間ができ、さまざまな刺激に敏感に反応する傾向が出てきます。細胞間脂質が減少した状態になると、脂性(オイリー肌)の場合は、乾燥から正常な状態に戻そうと、皮脂を多く分泌します。いわば、肌の表面は皮脂が多く分泌し、脂っぽい状態ですが、肌の内側は水分が少なく、乾燥した状態です。このような状態を乾燥性の脂性(オイリー肌)と呼ぶこともあります。 一方、乾燥肌の場合は角質層だけでなく、肌表面も乾燥した状態になりがちです。肌表面の状態は脂性(オイリー肌)と乾燥肌では大きく異なりますが、「細胞間脂質の減少」という同じ根っこを持っていますので、その本質的な治療や対策には共通点があります。

 

皮膚炎とは

多くの女性が悩んでいるものに、生理前の肌荒れがあります。 生理前の肌荒れの原因は、ホルモンバランスの乱れにあります。生理前は、女性ホルモンが多く分泌されます。色素沈着を増やす働きをする卵胞ホルモンや、皮脂分泌を活発にする黄体ホルモンが原因で、生理前に肌荒れを起こす人が多いのです。不規則な食生活をしていることが原因で、肌荒れを起こす人も多いようです。食事のリズムがバラバラだったり、栄養に偏りがあると肌荒れにつながります。特に、糖分や脂分を摂りすぎると肌トラブルの原因になるようです。睡眠不足など不規則な生活も原因となります。紫外線対策が十分でない人、冷暖房の中に常にいる人も肌トラブルを起こしやすいようです。 また、肌荒れの原因で多いものにストレスがあります。ストレスが原因で皮脂の分泌量が増えてにきびが出来たり、ストレスのせいで血流が悪くなり、くすみとなると言われています。また、ストレスがたまると自然とスキンケアにゆっくり時間をかけなくなります。メイクを落とさずに寝てしまったり、洗顔を丁寧にしなくなって肌トラブルを起こしてしまいます。このように、肌荒れの原因は私達の生活の中にたくさんありますが、少し注意して対策をすることで肌荒れを予防したり、症状を和らげることができます。 このように女性にはずっとお付き合いをしていくものが「肌荒れ」なのです。上手に付き合っていければ、大きな問題になることも無く、日々の生活が楽しく送れるのではないでしょうか?