調剤薬局がお届けする女性の病気に関する解説するサイト

免疫力が低下すると、ターンオーバー(新陳代謝が活発に行われ、新しい細胞が次々に生まれて古い細胞が順に剥がれ落ちていくこと)が正常に行われなくなったり、皮脂の過剰分泌や紫外線によるメラニンの増加を促進し、さまざまな肌荒れを起こします また肌荒れは食生活の乱れが原因の1つとして考られます。

 

肌荒れを防ぐためには、食事をしっかりとバランスよく食べることが大切です。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

「忙しいから」、または「ダイエットをしているから」といって食事を抜くのは肌への悪影響です。朝・昼・晩と3食きちんと食事をすることが肌荒れを防ぐへの第一歩です。

 

また、食事はバランスが重要です。いくら肌にいいからといっても多く摂ればいいというわけではありません。食べ過ぎは肌荒れのもとです。胃に負担がかかり、せっかくとった栄養もうまく吸収できません。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら