調剤薬局がお届けする女性の病気に関する解説するサイト

化粧品

洗顔は余分な皮脂や古い角質、ホコリや雑菌などを洗い流し、健康で清潔な肌に戻すことを目的とします。しかし、洗顔で使用する洗顔料やメイク落としを使いすぎたり洗いすぎたりすることは、肌荒れの原因となってしまいます。ファンデーションやメイクが濃いと、メイク落とし+洗顔料のダブル洗顔も必要ですが、下地クリームにおしろいくらいなら洗顔料だけで十分落とせます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

メイク落としを使いすぎると、皮膚にとって必要な皮脂まで落としてしまい、皮膚を傷めて肌荒れの原因となってしまいます。また、すすぎ残しができてしまう可能性もあり、アレルギーなどの原因にもなりかねません。どのような洗顔料やメイク落としを使うにしても、使用量は控えめに、念入りにすすぎをすることが大切です。また、帰宅後はなるべく早めにメイクを落とすように心がけるとよいでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

化粧水、乳液、保湿クリームは洗顔後やメイク前に肌を整えるために使います。 化粧水は、洗顔後の肌に水分を補う役割です。肌の表皮をしなやかにし、乳液や美容液などを、より肌になじみやすくします。化粧水などが自分の肌に合わないと肌荒れを起こしやすくなります。化粧水を使用して肌荒れになったり、かさついたり、赤くなったり、湿疹ができたりしたら自分の肌に合わないと判断してください。その時は直ちに使用するのをやめましょう。また、乾燥肌だからといって必要以上に乳液や保湿クリームを塗っても油分が過剰になり、にきびや肌荒れのもとになります。また、肌自らが持つ保湿力を低下させる原因にもなりかねません。過剰に使用しないようにしましょう。

 

薬剤師 転職